その他の判断基準

では最後に、年齢による判断が出来るのか、ということについて紹介します。若手とベテランならば、ベテランの方が実力があり良い弁護士である、と考えてしまう人が多いのではないでしょうか。逆に若すぎる弁護士については避けてしまいがちです。確かに経験を積んでいることを考えるとベテランが有利な部分も大きいですが、年齢だけで判断することが出来るものではありません。

若手の方がむしろフットワークが軽く、手広く対応を行ってくれる可能性もあります。さらに、法律に関する知識についても最新のものを有している事が多いため、知識面においても不足しているということは基本的にありません。全員、最難関の文系資格を突破している人達です。その代わり経験は不足している部分が否めず、どうしても推定で動いてしまうことがある、というのがデメリットとなります。

この他にも、重視するべきポイントというのはいくつかあります。例えば服装や仕草などです。見た目による印象というのは大きいもので、相手側の弁護士とあって話に当たって、しっかりと対応してくれるかどうかを判断する基準の1つとなります。自分からみて信頼することが出来る身なりをしている人を選択するようにしましょう。

説明を良く聞く

相性の良し悪しはもちろんのこと、当然ながら弁護士の実力というのも人によって違っています。これを判断することが出来るのも、やはり法律相談での説明の仕方、ということになります。法律相談においてはいくつかポイントがあり、これを満たしているかどうかを判断の基準としてみると良いでしょう。

まず1つ目のポイントとなるのが「不利な点の説明」です。自分が明確に正しいという場合については別ですが、民事における法律の係争においては、どちらか一方だけが正しい、というわけではない事が多いのです。その場合、クライアントにとって有利な点を説明して仕事を取ろうとするのではなく、不利な点をしっかりと説明し、この法律係争によってどのようなリスクが発生する可能性があるのか、ということを理解させてくれる人であることが重要です。

これと同様に、選択肢を示して最終的な判断をクライアントに委ねる人であることも求められます。何でも自分の判断で進めてしまう弁護士は、一見すると敏腕で有能なように見えますが、実際にはそうではありません。弁護士の仕事はクライアントの利益の追求であり、クライアントの意向が二の次になっているようでは有能であるとはいえないためです。

話しやすいかどうか

では、実際に良い弁護士であるかどうかを見極めるにはどうすれば良いのでしょうか。それこそ法律に対して知識がない個人では、良い弁護士とそうではない弁護士を見極めるのが難しいと考えてしまいがちです。しかし、実際にはそこまで難しくない基準で判断することも可能であると言えます。

その基準の1つであるのが「相談しやすさ」です。弁護士というと裁判の現場で戦っている場面ばかりが注目されがちですが、実際に行っている仕事の多くは裁判までもつれ込むものではなく、それ以前の話し合いによって解決しています。示談や和解、という形をとることになるわけです。

同時に弁護士にとって重要な業務の1つであるのが「法律相談」です。法律に関して疑問がある人の相談を受け、それに答えることも重要な仕事の1つであるわけです。ここでいかにクライアントの状況を把握し、要望を理解するのか、ということが弁護士にとって重要な役割です。そのため、個人であっても「弁護士に対して話がしやすいかどうか」ということを判断基準として問題ありません。話しにくい人だと感じたならば、別の人の利用を考えた方がよいでしょう。良し悪しというよりは、相性の問題であることも多いです。

参照ページ…低価格の費用で企業の法律相談ができる顧問弁護士サービス「アディーレプラス」