法律というのは、一見すると普段の生活には関係がないようなものに思えます。普通に生活をしていて、法律を意識するということはそれほど多くはないでしょう。しかし、法治国家に暮らしている私達は、目に見えない法律の力によって常に守られていると考えなければなりません。法律がなければ、どのようなことが起こるか分からないでしょう。 しかし、法律があるとしても、何かしらの問題に巻き込まれてしまう可能性はあります。その際、自分が法律を犯した人の被害者となるのか、あるいは自分が法律を犯す加害者となるのかは分かりません。

何かしらの事情によって、後者になってしまうことも十分考えられるでしょう。 あるいは、犯罪という形ではなくとも、個人間のやりとりで解決出来ないことが発生した時にも、法律に頼る事になる可能性は十分にあります。日本は多くの法律が存在しており、これを完全に把握する、ということは一般の人全員に求められるものではありません。

守られているものの、守っているものがどんなものなのかを知らないのが法治国家ではよくあることです。 そのため、法律に関係する問題が発生した時には、法律の専門家に相談をすることが重要になってきます。そんな時に役立つ存在であるのが弁護士です。弁護士は刑事事件において被告の弁護をするだけではなく、民事裁判において原告・被告両者にそれぞれ付き、自分側の正当性を訴える役割です。良い弁護士を見つけることが出来るかどうかが重要になります。