では、実際に良い弁護士であるかどうかを見極めるにはどうすれば良いのでしょうか。それこそ法律に対して知識がない個人では、良い弁護士とそうではない弁護士を見極めるのが難しいと考えてしまいがちです。しかし、実際にはそこまで難しくない基準で判断することも可能であると言えます。

その基準の1つであるのが「相談しやすさ」です。弁護士というと裁判の現場で戦っている場面ばかりが注目されがちですが、実際に行っている仕事の多くは裁判までもつれ込むものではなく、それ以前の話し合いによって解決しています。示談や和解、という形をとることになるわけです。

同時に弁護士にとって重要な業務の1つであるのが「法律相談」です。法律に関して疑問がある人の相談を受け、それに答えることも重要な仕事の1つであるわけです。ここでいかにクライアントの状況を把握し、要望を理解するのか、ということが弁護士にとって重要な役割です。そのため、個人であっても「弁護士に対して話がしやすいかどうか」ということを判断基準として問題ありません。話しにくい人だと感じたならば、別の人の利用を考えた方がよいでしょう。良し悪しというよりは、相性の問題であることも多いです。

参照ページ…低価格の費用で企業の法律相談ができる顧問弁護士サービス「アディーレプラス」